毛穴づまりや汚れがニキビを引き起こす

毛穴づまりや汚れがニキビを引き起こす

思春期になると、誰もができるニキビですが、
中にはクレーターのようなにきび跡ができてしまうので要注意です。

 

顔ににきび跡ができると、気に掛かってしまうものです。
大きくなってからもにきびと完全に縁が切れず、
ことあるごとにできたりもします。
にきびが化膿してクレーターになったら後が大変ですから、
ニキビケアには特に注意が必要となります。

 

思春期はホルモンバランスが崩れることで、にきびができるとされています。
自然に消えることも多いのですが、
時には化膿したりしてクレーター状に跡が残ることがあります。

 

実際顔にできたにきび跡で悩んでいる人もよく見かけます。
にきび跡で一旦できてしまうと元には戻りづらいので、
にきびのない肌を保つことが第一です。

 

お肌ににきびができる背景には、

 

毛穴から分泌される皮脂や汗があります。

 

にきびの化膿やクレーターは、

 

毛穴づまり、汚れを栄養に増殖した菌のために、
刺激された皮膚が炎症を起こすためですので
普段からの毛穴ケアがまずは大事なポイントになってきます。

 

出来てしまった場合は、にきびを刺激しすぎず、
周囲の汚れやほこりを取り除いてきれいな状態にしておくことで、
症状を改善することが化膿です。

 

特に赤いにきびや、黒いにきびが顔にできると、
クレーターのようなにきび跡が残りやすいので特に気をつけなくてはなりません。