気になってしまう毛穴 Step1 毛穴の務めを知ろう!

気になってしまう毛穴 Step1 毛穴の務めを知ろう!

女の人にとって肌のコンディションって大事ではないでしょうか。
朝、鏡の前に立ち肌のコンディションが良くないと、その日一日の気分が一気に下降してしまう事も少なくないのです。
メイクでカバーしたり、ヘアスタイルでカバーしたりと工夫にも力が入ります。
とりわけ毛穴の様子を気にされる方は多数のでは。
毛穴が開いている様子はわりと際立つので、余計に気になってしまうんではないでしょうか。
お肌のお手入れ方法をしたり、エステに通ったり・・・いろいろな形でケアをされているかと思います。
けれど、ここでアナタに問いかけてみます。
『毛穴ははなからどうしてあるのでしょうか?』
さて、これに対して間違いのないように答えられる方はどのくらいでしょう。
ケアしていくのはむろん大事な事とは言っても毛穴という存在が、どうして自らのボディのメカニズムの一部としてあり、どんな務めとして働いているのか。
それを間違いなく知る事がケアをしていく上での第一歩です。
ボディの器官すべてにおいて必要のないものはないのです。
自らが煩わしいと思っているものも間違いなく何らかの働きを担っているのです。
これを知った上でケアをしていく事がわりとキーポイントなのですね。
何としても、此処で毛穴に対しての見聞を深め、情報マガジンやネットのネタに踊らされないように、自らに適したケアを見つけてください。
●毛穴の務め●

はなから毛穴は顔だけでなく体トータルにあるのです。
顔トータルだけでも約20万個の毛穴があってしまうと言われており、その数は実は自らが産まれた時からあらかた変わりません。
要するにその数欠かせないことだという事が解って頂けるかと思います。
斯くして、そのメインの務めには次の4つをあげる事ができるのです。
1.毛穴から出てくる皮脂の膜により、皮膚のうるおいを保ち、ドライを防いでいく
2.毛穴から出てくる皮脂が肌に膜を形成することにより、空気中の化学物質やほこりなどの外から肌へと与えてくる刺激から、皮膚を守る
3.毛穴から出される汗や皮脂とあわせて体の中にある老廃物を外に出す
4.毛穴から出てくる程よい量の皮脂が皮膚のPH均衡を整えることにより、バイキンが増えるのを防ぐ
これを見ると、美と健全な体に欠かせないメカニズムを担っている事が解りますね。
1.はウルオイ
2.はプロテクト
3.はデトックス
4.は抗菌 
です。この毛穴がないと自らの肌は汚れていない肌を保てなくなってしまうのです。
逆に巧みに向き合っていければ、更に美的肌をキープする事ができるという事です。

気になってしまう毛穴 Step2 毛穴が開いてみえる主たる要因とは!

では、どのようなわけで毛穴が気になってしまうほどに開いてみえるのでしょうか?
自らで気が付く時には、大抵既にはっきりと開いた様子の時なのでショックも大きいもの。
要因が分からずただただ食い入るように鏡に向かっている・・・なんて事も。
ここでは、そのキモとなる要因をご披露します。
●皮脂の分泌悪いところ(無茶苦茶な分泌)●
皮脂が体外へと出される量にはほどよい量があるのです。
それがむやみに出される事で、それだけ毛穴が拡がってしまうのです。
それだけでなく、多すぎる分泌は、毛穴や皮膚の上側にとどまっている汚れや古い角質などと混ざり合って酸化という現象を起こし、成り行き毛穴が黒ずんで見えてしまう要因ともなるのです。
●たるみ●
年を重ねていくと、どのようなわけでも真皮というパーツ(毛穴のある角質層のいっそう奥)をオーガナイズしているコラーゲンやエラスチンは減ってしまうのです。
減ると肌の土台が崩れてしまい、その事がインパクトして肌のハリがなくなり顔トータルがたるんできるのです。
こうなると、皮脂や汚れなどで開いてしまった毛穴が更に拡がり、楕円形のように形が崩れていってしまうのです。
●ニキビ凸凹●
ニキビを潰すことをしてしまうと、そのパーツを治す為に変わりの皮膚が作られます。
ところがその皮膚の様子はあまり良いものではないので、そのパーツの毛穴は開いたままの様子になってしまうのです。
そのそれ以外にも、ニキビを気にしすぎて洗顔をし過ぎていたり、保湿をしないでほったらかしにしてしまったりと、ツボを得たケアをせずにしてしまった事で肌がドライしてしまい、必要のない皮脂が分泌されるようになるのです。

すると毛穴が詰まり、開いてしまうという現象が発生するというわけです。

気になってしまう毛穴 Step3 自らの毛穴の開きのタイプを知ろう!

毛穴が拡がって見える要因はわかったのです。 けれど、いくばくかで終わらないのが毛穴の開きのこわいところ。 リアルには、毛穴の開いてしまっている様子を4つに分ける事ができるのです。 それぞれのオリジナリティと自らの毛穴の様子を見比較するとみて、自らがとのタイプの毛穴かを知っていきましょう。 そうする事で、開いてしまった要因を突き止める事ができ、毛穴の開きを治すをしていく上でも効き目をアップするような方法をチョイスする事ができるのです。 ●1.汚れ詰まり毛穴● 触ってみるとザラザラしており、毛穴の角栓が際立つのがオリジナリティ。 要因は次の2つです。 1つは洗顔のし過ぎであったり、保湿が足りない、または水分をたっぷりと補えていない事で、肌がドライしてしまい皮脂分泌が多くなってしまっている。 2つめは、メイクを減らす時や洗顔が不十分な為に肌に汚れが溜まってしまっている。 これらが重たる要因となっているのです。 ●2.たるみ毛穴● 毛穴の形が縦長の楕円のように拡がっているのがオリジナリティ。 こちらも要因は2つあるのです 1つは、年を重ねていくと共に肌の土台であるコラーゲンやエラスチンが減り、日頃の保湿が十分でないこと。 2つめは、表情を動かす筋肉が固くなってしまっていたり、代謝が低くなってしまっていること。 この2つが要因です。 ●3.帯状毛穴● これはたるみ毛穴が更に進んでしまい、開いた毛穴が結びついてシワのような様子になってしまっているのがオリジナリティ。 要因は、たるみ毛穴と同じ要素にプラスして、ドライがでかい要因となるのです。 ●4.ニキビ毛穴● 毛穴にいくつもニキビが出来てしまっているのがオリジナリティ。 これは、10代の皮脂の分泌が多数ジェネレーションや、生理前のホルモン均衡の乱れの時、または新陳代謝が落ちてしまっている時などに起こりやすい毛穴です。 要因は、毛穴に溜まってしまった古い皮脂や角質・汚れが酸化することによって肌のPH均衡が崩れてしまう事で、ニキビの要因菌が増大する事がメインの要因となっているのです。 それにプラスして、洗顔のし過ぎや保湿をたっぷりとしない等の間違いなくないケアが悪化してさせてしまう事もあるのです